松山市の鍼灸施術は、楽鍼灸院へ。肩こりや腰痛などの体調不良を、針・灸・吸玉治療・かっさ療法で治療。

トップページ >治療メニュー

治療メニュー

【東洋医学について】
 西洋医学は近代科学とめざましい発展を遂げましたが、その医学は物質的であり攻撃療法である為に、その副作用と医原病の出現に苦慮しています。また、うつ病や自律神経失調症のような機能的疾患や、癌などの免疫疾患には十分な成果を上げることができていません。
 そして、この西洋医学は膨大な開発資金と時間を要するために、西洋医学は限界に達しているのではないかと言われています。
 このような状況下のもと、治療医学から予防医学の考え方がおきています。そこで注目されているのは東洋医学です。
 その中でも鍼灸は最も簡便な治療法として注目され、素難医学を源流とする経絡治療は特に注目されています。
 経絡治療は診断と治療が簡便で「診断即治療」が完成された治療法です。
東洋医学では、人は精神と肉体でできており、体は呼吸によって取り入れられたと、食べ物から作られたによって養われていると考えられています。
 この血流を調節しているのが臓腑(内臓)と経絡であります。この調節機構である臓腑経絡が、内外因によって冒されると病になります。
 この病を治療するのが、鍼灸と湯液(漢方)です。鍼によって経絡を調節する治療を経絡治療といいます。
 太極療法とは経絡以前の全体的把握を基本としその主眼点を五臓六腑の調整におき背部と手足のツボを重視して、それらの経穴を組み合わせて、個々の疾病に効くツボを追加します。沢田健氏によって体系づけられたので沢田流とも言われています。治療方法は主にお灸が用いられます。慢性疾患や多くの疾病に有効で、又、疾病の予防や健康の保持増進をはかることができる治療法です。

 当院では、鍼灸、灸頭針、吸玉、を用いた太極療法に加え、新たに経絡治療と、鍼灸が苦手な方に手技療法も取り入れております。
皆様の健康を願い、適切な治療をいたします。尚、漢方薬をご希望の方は愛媛県立中央病院東洋医学研究所にご紹介いたしますので、お気軽にご相談ください。
 鍼灸の効果についてはこちら>>

 症例集はこちら>>

 ツボの話はこちら>>

患者様のお声はこちら



当院で使用しているはりは、注射針と違い、髪の毛の太さのようなはりなので、痛みはほとんどありません。
鍼には、主に鎮痛作用があります。緊張をほぐし、自律神経を整え、リラックスさせる効果があります。







初めての方も安心。
痛くない鍼です。
鍼はすべてディスポーザブル(使い捨て)
ですので、安心して受けられます。



灸頭針

ツボに鍼を刺し、その頭にもぐさをつけお灸をする方法です。鍼の効果と灸の効果の両方を出します。
灸頭鍼は、メニューの中では一番のおすすめです。
身体の深部までぽかぽかとあたたかくなり、とても気持ちがいいです。


透熱灸と言って直接ツボに、もぐさをのせてすえるのが一般的で効果があります。もぐさはお米粒の半分位の大きさですえていきますので、痕は残っても気にならない程度です。当院では、痕が残るのがいやな方は、もぐさを肌に直接のせるのではなく、灸点紙というシールを貼って、その上にもぐさをのせて灸をすえる方法もあります。
そのため、痕が残らず、若い方や女性に人気です。









吸玉

専用のガラスカップを皮膚に吸着させ、刺激を与えることによって、血液の流れをよくする方法です。
吸玉をした後、丸い跡が残ります。(一週間程で消えていきます。)
その色により、どの程度のコリなのか判断することができます。
色が濃く、黒っぽい程、於血が多くたまり、程度が重く、色が薄くなる程、程度が軽いようです。



小児針

お子さまへの針は身体に刺さず、写真にのっている、小児専用の針で軽い皮膚刺激により治療を行います。
夜泣き、疳の虫などの神経過敏症状や、虚弱体質の改善、喘息、アトピー性皮膚炎、便秘、食欲不振、夜尿症など小児の慢性疾患全般に効果があります。






かっさマッサージ

マッサージクリームをぬり、石等から作ったマッサージ板でこすって体内を活性化し、たまっている毒素を出すマッサージです。
中国では2500年前から行われていた伝統的民間療法です。
経絡の流れを良くすることで、気・血・水のバランスを整える効果があります。
続けることによって除々に瘀血(赤くなった部分)が現れる場所が少なくなり体の本来の調子を取り戻していきます。
赤くなった部分は老廃物がたまっているといわれ、こりや疲れが感じられる部分は赤くなります。継続していくと体内の血の巡りがよくなり瘀血が消えるのも早くなっていきます。

 料金についてはこちら>>



症例集

症例1.81才 男性

【主訴】 右耳鳴り、難聴、メマイ "メニエル病"

【病歴】 メニエル病とは激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が同時に重なる症状を繰り返す内耳の疾患です。この患者さんは60才時に右の耳鳴り、難聴、メマイを発症して以来毎年のように激しいメマイが起こり入院していました。特に70才の時には4回も入院してしまうほどで、なかなか予防法がなく、娘さんの紹介で鍼灸治療を受けに来られました。

【処置】 お灸療法を中心として背中の真ん中にある、身柱、神道、至陽というツボと手の曲池、足の三里というツボにお灸をすえ、その他、身柱、神道、至陽に灸頭針と肩背部に吸玉の処置をしました。

【経過】 この患者さんは私が東洋医学研究所に勤めていた時から現在まで診させて頂いているのですが、9年間回転性のめまいが1度も起こっていないそうです。鍼灸治療が適応した事例です。


※ 『症例集』はブログから順次ご紹介していきます → 楽鍼灸院ブログ




ツボの話

三陰交  女性の症状に効果的

 足の脛の内側にあるツボです。うちくるぶしの最も高いところから指幅四本上で脛の際にあります。

  三陰交の「三陰」とは、足の厥陰肝経、少陰腎経、太陰脾経の三つの経絡の意で、「交」は交わるの意。三陰交はこのツボ一穴で三つの経絡の効果が期待できる重要なツボというわけです。

  女性の健康維持・増進に欠かせない大切なツボで、女性の諸症状にも効果的なことから「婦人の三里」といわれています。

 生理痛、冷え性あるいは更年期障害などに用います。生理痛や足の冷えに困っている人は三陰交に指圧やお灸を行ってみてください。



※ 『ツボの話』はブログからも順次ご紹介していきます → 楽鍼灸院ブログ




鍼灸の効果について


鍼灸の効果については、総合的には、鍼灸刺激が自律神経 系、内分泌系、免疫系等に作用して、その結果として、中枢性及び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用を発揮させ、それらの相乗作用 が、生体の恒常性の維持(病気を自然に回復させる作用)につながるのではないかと考えられます。

 呼吸器系疾患:気管支炎・気管支喘息・風邪および予防 など

 消化器系疾患:胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多症・食欲不振・吐き気・下痢・便秘・胃十二指腸潰瘍・腸炎・痔疾・過敏性腸症候群 など

 代謝内分秘系疾患:糖尿病・痛風・脚気・貧血 など

■ 生殖・泌尿器系疾患:膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎(インポテンス)・尿失禁 など

 産婦人科系疾患:更年期障害・乳腺炎・白帯下(おりもの)・生理痛・月経不順・冷え性・血の道症・不妊症・月経困難症・逆児(さかご) など

 耳鼻咽喉科系疾患(口腔器科系を含む):中耳炎・耳鳴・難聴・メニエール氏症候群・鼻出血・鼻炎・アレルギー性鼻炎・慢性副鼻腔炎(ちくのう症)・急性扁桃炎・咽頭炎・喉頭炎・声がれ・歯痛・歯肉炎・口内炎 など

 眼科系疾患:眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい・白内障 など

 小児科系疾患:小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)・夜尿症・チック症・虚弱体質の改善など

 皮膚科系疾患:蕁麻疹・帯状疱疹・いぼ など


鍼灸は痛みを緩和させます。
 頭痛や神経痛などの痛みを伴う症状に効果があります。中国の文化大革命時代に麻酔薬を使わない鍼麻酔が注目されましたが、現在では、鍼の刺激で内在性オピオイド(エンドルフィン・エンケファリン)が分泌され痛みを緩和させることが科学的に解明されています。

自律神経に効果的に作用します。
 自律神経の失調から起こる胃腸病、高血圧、冷え症、更年期障害などの疾患、またストレスが原因となる不眠・うつ病などにも自律神経の調節作用により高い効果が得られています。

免疫力を高めます。
 昔から、風邪の予防やアトピー性皮膚炎・リウマチなどの免疫作用に関連する疾患にはよい効果が得られていました。最近では、ヒトの持つ免疫力を賦活させる働きについての様々な研究がなされ効果が解明されつつあります。


診療のご予約について

治療はすべて予約制です。
お電話にてご予約、またお問い合わせください。
からだの不調、肩こり、腰痛など、お気軽にご相談ください。
また、診療日以外(時間外)の診察も都合がつきましたら、診察することができます。
前日までの電話でお気軽にご相談ください。